リーディングリストの使い方 by iPhone博士

2015年05月15日

皆さん、こんにちは。 今日も健康にお過ごしでしょうか。それともお休みですか? お休みの日はiPhoneやiPadでのんびりネットサーフィンするというのも、1つの楽しみ方ですよね。

皆さんはiPhoneにリーディングリストという機能があるのをご存知でしょうか。 リーディングリストは気になるページを一時保存でき、オフラインでも確認することが可能です。基本的な機能ですが、使い方を知らない人が意外と多いように感じます。 ですので、今回はリーディングリストの使い方について解説していきましょう。

1ブックマークの隣にある項目を選択

まずは気になるページを開き、下部に表示されるこの部分をタップしてください。 因みにiPhoneは下部ですが、iPadの場合は上部に表示されます。

2開いてるページをリーディングリストに追加

1を選択するとこのような表示が出ます。 ここの「リーディングリストに追加」を選択してください。 これだけでリーディングリストへの新規追加は完了です。
次に追加したサイトを開いてみましょう。

3登録したリーディングリストを開く

圏外の状態でネットを開くと、ページを開けませんと表示されます。 ですが、下部の表示は変わらず出てくるので、ブックマークを選択してください。

4リーディングリスト一覧を開く

ブックマークを開くと3つの項目があります。 そのうち真ん中のリーディングリストを確認してください。先ほど登録したページが追加されているはずです。

5最初に選択したページが開く

最初に開いていたページをオフラインでも開くことができます。 ただし、これはスクリーンショットのようなものです。その他通信を必要とする動作は一切行うことができません。 スクリーンショットと異なる点として、表示されている箇所のみではなく、保存したページの上から下まで、まるごとオフラインでも閲覧することができます。

6表示できない場合

ページを保存しても、このように表示できない場合があります。 これは保存が上手くできていないか、保存先のページに何かしらの問題があるかのどちらが原因です。

7未読と既読を分割する

ある程度保存したページが増えてくると、どれが既読でそうでないのか、管理が難しくなってきます。

そんな時下部にある「未読のみ表示」を選択すると、まだ読んでないページのみが残ります。 元に戻すときは同様に「すべて表示」を選択してください。

8リーディングリストの削除

一通り確認して、不要になったリストは随時削除しましょう。 不要なページ部分を左にスライドすれば、削除ボタンが表示されます。こちらを選択すれば、そのページデータの削除は完了です。

いかがだったでしょうか。 基本的にiPhoneが圏外になることはあまりないと思いますが、トンネルや飛行機などちょっとした時間に読む分には良い機能です。

今回はここまでになります。
それでは、また次回お会いしましょう。