iPhoneに会社メールアカウントを設定 by iPhone博士

2014年12月06日

どうも、こんにちは。 ビジネスパーソンの皆さんは、会社で多くの方と対面・非対面問わず、コミュニケーションを取っているかと思います。 非対面でのコミュニケーションは主に電話かメールですが、そのメールをiPhoneで利用できるということをご存知でしょうか?
iPhoneはキャリアやフリーアドレスだけでなく、それ以外の独自ドメインのメールアドレスにも設定が可能です。使い方を知らないという人も少なくないでしょう。 そこで今回は、iPhoneに会社アカウントを設定する方法についてお話してきたいと思います。まずは簡単な手順をご説明していきましょう。



1.iPhoneの設定よりメール/連絡先/カレンダーを選択

2.アカウントの追加を選択

3.ドメインの一覧でその他を選択 いくつかのドメインが表示されますので、その他を選択してください。
4.「メールアカウントを追加」を選択 こちらの参照画面はiPhone5のものですが、基本的にiPhoneの設定方法は統一されています。
バージョンに関わらず基本は同じ手順です。 ここから先の設定は、会社アカウントのアドレスやパスワード、送受信サーバー情報が必要になります。事前に確認しておいてください。
5.新規アカウントより、各情報を入力 ここで入力する各項目については以下の通りです。 名前:相手に表示される名称
メール:アカウントのアドレス
パスワード:このアカウントのパスワード
説明:アカウント一覧に出てくる見出し
ここで使うパスワードなどは、会社で事前に確認しておくようにしましょう。
6.IMAPかPOP、サーバーを選択。 IMAPとPOP、どちらのサーバーでの受信かの選択ですが、適当ではいけません。 設定や契約によってどちらか片方でしか受信できない、あるいはどちらでも大丈夫という場合もあります。詳細については、事前に契約しているブロバイダに確認しておきましょう。

7.受信・送信メールサーバーの設定 送受信するメールサーバーの情報を入力しましょう。これが終われば、設定はほとんど完了です。
8.設定を完了 SSLに対応していれば問題なく完了しますが、SSLに対応していない場合はこのような画面が表示されます。ここで「はい」を選択すれば設定完了です。 どうでしたか? これで会社アカウントをiPhoneで確認することが出来るようになりました。アカウント情報を変更・削除したいときは同じように設定から作成したアカウントを選択して、手を加えるようにしてくださいね。 またパスワードやサーバー情報などの事前に必要な情報がいくつかあるので、設定前に必ず会社に確認しておくことをおすすめします。 ではまた、次回お会いしましょう。