どこでもPC!テザリングの使い方 by iPhone博士

2014年12月29日

皆さん、こんにちは。 普段外で仕事をする際に、PCのネット環境などはどうしていますか? 公共Wi-Fi環境があるカフェなどであれば問題ありませんが、全てのカフェがそのようになっているとは限りません。ですが、PCとネット環境がなければ仕事にならないという人も少なくないでしょう。

その為、iPhoneとは別途モバイルルーターを契約してる人もいると思いますが、月々の料金も安くはありませんよね。

そんな時、iPhoneのテザリング機能が活用できることをご存知でしょうか。 存在は知っているが、使い方は知らないし面倒だからやっていないという人もいるのではと思います。テザリングはiPhoneをルーターとして契約してる回線をそのままPCでも使えるようにする機能です。

設定などが分からず、使っていないというのは非常にもったいないですよ。そこで今回はiPhoneのテザリング機能の設定方法についてお話していきましょう。

1設定を開く

イメージ

まずはホーム画面にある設定を開いてください。
2インターネット共有を選択

イメージ

設定を開いて、インターネット共有を開いてください。

3インターネット共有をオン

イメージ

ここでインターネット共有をオンにしてください。赤線で囲われているところを右にスライドすればOKです。

iPhone上の設定はこれで完了になります。 あとはPCとの通信になるのですが、まずはiPhoneのWi-FI設定をオンにしましょう。既になっている場合はそのままでOKです。 オフになっている場合はインターネット共有を設定した段階で次のような表示が出てきます。

4Wi-Fi設定をオン

イメージ

この画面が出たら、オンにするを選択してください。 インターネット共有をしてこの画面が表示されなければ、既にオンになっています。

5ネットワーク名とパスワードの確認

イメージ

PC側でiPhoneを認識させる際に必要になるのがネットワーク名とパスワードです。 ネットワーク共有をオンにしてる状態で、PCのネットワークを探すとiPhone6のネットワーク名が表示されます。その際にパスワードを入力すれば自分のiPhoneとの接続が可能です。

6PC側でiPhoneに接続

イメージ

iPhoneのテザリングをオンにしたら、PC側でiPhoneに接続してください。上記のようにネットワーク名を選択し、先ほどのパスワードを入力すれば接続完了です。

7iPhone側で接続を確認

イメージ

パスワードを入力して接続が完了すると、このようなiPhone側にこのような表示が出るようになります。これでテザリングの完了です。PCでもネットに接続できるようになりました。

接続を切る場合は、設定からインターネット共有をオフにすれば大丈夫です。 テザリングを行ってる最中は、iPhoneのバッテリーの消費速度が上がるので注意しましょう。今回のお話はここまでです。また次回お会いしましょう。 それではまた。