Siriを使って音楽検索 by iPhone博士

2015年06月09日

こんにちは。
早速ですが、今回はSiriの応用方法についてお話していこうと思います。

iPhoneに標準搭載されているSiriですが、この機能を使って音楽が検索できることをご存知でしょうか。

単純に楽曲名を伝えてそれをiTunes Storeで検索するというのが一般的だと思います。しかし、Siriには更に便利な楽曲検索方法があるのです。

コンビニや本屋に入った時、店内で流れているBGMを気に入ったけど、楽曲名や歌手が誰か分からない、という経験はないでしょうか。

そんな時、Siriにその音楽を聞かせると、自動的にiTunes Storeから検索してくれるのです。実際の手順について解説していきましょう。

1・Siriを起動

イメージ

2・曲名・歌手名を質問する

イメージ

曲が流れている店内で「この曲の名前は?」「この曲の歌手は?」などの質問をすると、流れている曲をiTunes Storeにあるかどうかを調べてくれます。
質問した後に、音楽をしっかりと聞かせましょう。

3・検索中画面

イメージ

質問した後、音楽の認識にしばらく時間が必要です。
この時に雑音が多かったり、よく聞き取れていないと認識不可と表示されるので注意しましょう。

4・楽曲が判明した場合

イメージ

5・楽曲が不明な場合

イメージ

楽曲によっては、iTunes Storeで配信されていない場合があります。

または発売前・配信前の最新曲も、検索で見つからない可能性があるので、新曲に関しては配信日を確認してみてください。

iTunes Storeの検索結果で不明となった場合でも、iTunes Store以外では取り扱っていることがあるので、1度探してみるといいでしょう。

6・そのまま購入する場合

イメージ

検索の結果iTunes Storeで購入可能な楽曲に関しては、そのままiTunes Storeにアクセスして購入することができます。<> イメージ

普段iTunes Storeで楽曲を管理している人は、そのまま購入すればOKです。iTunes以外で購入したいのであれば、検索で得た情報をその他サイトで探してみてください。

今回の解説は以上となります。
Siriの機能性はバージョンアップと共にどんどん拡張しているので、今後も新たな機能が搭載され次第、お届けしましょう。

それでは、また次回。