iPhoneでデスクトップ表示させる方法by iPhone博士

2015年06月26日

こんにちは。
iPhoneでネットサーフィンを楽しむ人は多いと思いますが、若干文字が小さくて読みにくいと思ったことはないでしょうか。

WEBページの大半はPC用とスマートフォン用、タブレット用など表示形式がそれぞれ別に設定されています。一般的にその方が閲覧しやすいためです。

しかし、逆にパソコンと表示形態が違って、同じ形式の方が良いのにと感じる人もいると思います。サイトによっては「PC用表示」というボタンがありますが、ないところも少なくありません。

それでも、設定をすればiPhoneにパソコン用の形式でページを表示させることができるのです。

そこで今回は、iPhoneでデスクトップ表示をさせる方法について解説していきましょう。

1.デスクトップ表示したいサイトにアクセス

iPhoneのデスクトップ表示作業は、基本設定としてではなくそのページだけに有効になります。そのため、まずはデスクトップ表示にしたいページまで通常通りアクセスしてください。

2.サイトのURL欄を選択する

3.そのまま下にスワイプ

URL欄を開いたまま、下にスワイプしましょう。
1度下にスワイプした後、1番上まで戻ると、「デスクトップ用サイトを表示」「お気に入りに追加」の2つが表示されます。

4.「デスクトップ用サイトを表示」を選択

選択すると文字通り、現在表示しているサイトがデスクトップ用に変換されているはずです。

5.元に戻す場合は別ページにアクセス

1でもご説明した通り、デスクトップ用表示になるのはそのページだけになります。 元に戻す場合は別ページを開くか、そのアクセス自体を閉じて再アクセスすればOKです。戻すときに限っては、URL欄から戻すことができません。

なお、デスクトップ用表示はiPhoneだと文字等々が非常に細かくなるため、ズームしないとほとんど読めないでしょう。

また表示する項目がかなり多くなるので、iPhoneへの負担も大きくなり、ネット自体が重くなる傾向があります。

文章のみの構成ページであれば問題ありませんが、動画や音楽が添付されている場合は注意しましょう。

今回の解説は以上になります。
それでは、また次回お会いしましょう。