あなたの安眠を守る!おやすみモードの活用方法by iPhone博士

2015年06月07日

こんにちは。
今回は基礎的なところで、iPhoneの「おやすみモード」について解説していきたいと思います。皆さんはおやすみモードを使っているでしょうか。

基本的にはマナーモードだけで事足りてしまうので、おやすみモードの機能性自体詳しく知らない人が多いです。

ですが、おやすみモードの機能は、マナーモードと大きく異なります。その点について、設定方法と合わせて見ていきましょう。

1「設定」かコントロールパネルからオン/オフ

2.詳細な設定は「設定」から開く

おやすみモードは設定すると、着信・メール・通知など一切のお知らせを切ることができます。マナーモードよりもオフライン状態に近いといえるでしょう。

就寝中など、お知らせを受けたくない場合などに重宝します。

しかし、場合によっては特定の相手からの連絡は受け取りたい、という時もありますよね。おやすみモードはそれらの融通にも対応しているのです。

3.おやすみモードが機能する時間を設定

時間を設定すると、設定した開始時刻から終了時刻まで有効になります。 これを設定せずオンにした場合は、終了時間なく常におやすみモードです。

4.設定中の着信の許可/拒否

おやすみモード中の着信について設定します。
許可しない場合は通知のみが表示され、音などが出ることはありません。

また、特定の相手からの着信のみを受けたい場合は「よく使う項目」を選択しましょう。 電話機能で「よく使う項目」に登録している人からの連絡のみを受けることができます。

5通知の有無

おやすみモード中の連絡に対して通知をどうするかです。
「常に知らせない」場合は基本的に通知が表示されません。「iPhoneがロック中のみ知らせない」を選択した場合は、文字通りロック中のみ通知されないようになります。

つまり、おやすみモードを設定している状態でiPhoneを触っていれば通知されるということです。

もちろん、どちらに設定しても着信があったという通知は表示されるので安心してください。

以上がおやすみモードの活用方法となります。
多くの電話や連絡で自分の時間が取れなかったり、一時的にオフライン状態にしたいが一切の遮断は困る、というような少しワガママな状態の際に利用してみて下さい。

それではまた次回お会いしましょう。