意外と知らない?スクリーンショット活用方法 by iPhone博士

2015年05月16日

皆さんこんばんは。 iPhone、使っていますか? 今回はiPhoneに備わっている、スクリーンショット機能の活用方法についてお話したいと思います。

スクリーンショットは電源ボタンとホームボタンを同時に押すことで、スクリーンをそのままデータ保存できる機能です。 イメージ しかし、このスクリーンショットの機能を知っていても活用できていない人が少なくありません。そこで今回は、スクリーンショットの使い方と活用方法について解説していきましょう。

スクリーンショットを撮影する際、慣れない間はボタンの同時押しが上手くできないことがあります。そこでまずはスクリーンショットを簡単に撮影できるようにする、設定方法をお話しましょう。

1ホーム画面より設定を開く

イメージ

2設定→一般→アクセシビリティを選択

イメージ

3Assistive Touchを選択

イメージ

4 Assistive Touchをオンにする

イメージ

Assistive Touchをオンにすると、画面の右下に薄いホームボタンの表示が出てきます。 それを押すと以下のような表示になるので、手順に沿って操作してください。

5デバイスを選択

イメージ

6その他→スクリーンショットで撮影

イメージ

これで初心者でも簡単にスクリーンショットを撮ることができます。 ただし、右下のボタンは4の設定をオフにしない限り、常時表示されるので注意しましょう。邪魔であれば撮影後に設定で消しておいてください。

次にスクリーンショットの有効的な使い方です。 スクリーンショットは主に、随時確認しなくてはならないデータの保存に適しています。 基本はマップや電車の乗り換えなどです。

以下のように乗り換えデータをスクリーンショットで保存しておけば、わざわざネットに繋がなくても確認することができます。

イメージ また、出張が多い方は新幹線の時刻表を保存しておくと便利です。 イメージ

このように、その都度確認しなくてはならない事柄をそのまま保存しておけば、わざわざサイトにアクセスする必要はありません。 その他、目的地までのマップを保存しておけば、GPSでのiPhoneのバッテリー消費を気にすることもないでしょう。

イメージ

マップ以外では、料理サイトなどのレシピを保存しておいても便利です。 このように、使い方次第ではスクリーンショットも十分にビジネスに活かせるのではないでしょうか。

以上、スクリーンショットの活用方法でした。 それではまた次回、お会いしましょう。