3Dマップの使い方と性能 by iPhone博士

2015年01月23日

皆さん、こんにちは。 今日も元気にお仕事、学校頑張っていますか? お仕事では特にそうですが、取引先の建物がどこか分からないということがあるのではないでしょうか。

IPhoneの地図だけでは、細かな道などが分かりにくいですからね。東京や大阪といった主要都市は同じような建物が多いので、道にもよく迷うと思います。 そこで前回に引き続き、IOS6より対応したiPhoneの初期マップで3Dを活用する方法についてお話しようと思います。

1.マップアプリ起動

イメージ

2.3Dかiのボタンを押す

イメージ

3Dマップは対応してる地域が限られていますので、3Dボタンが出る場合とでない場合があります。またiOSのバージョンによっても違うのです。 もし3Dボタンが無いなら、iボタンを押してください。最新のマップであれば以下のような表示になるので、こちらで3Dマップを有効にしましょう。

イメージ

3.目的地の入力

イメージ

目的地の設定や、基本的な使い方は3Dも2Dも同じです。 具体的に違うのは3Dの場合はマップ全体を立体的に見れるということでしょう。 以下はマップの具体的な操作です。

4.マップを2本指でドラックすると3D・2D表示の切り替え

イメージ

5.2本指で丸を描くようにすると、マップの回転

イメージ

基本的なマップ操作はこれくらいです。 3Dマップはまだ全国どこでも使える、というわけではないので、地方の方は注意しましょう。 因みに、2でお話した3Dへの切り替えの際に項目を地図+写真に変更すると、実際の現場写真で確認することができます。

イメージ イメージ

通常のマップ同様、2本指で上下になぞれば3D表示にも2D表示にもできます。 さて、この3Dマップは実際どこまで拡大できると思いますか? 目的とする場所や地域にもよりますが、東京付近であれば看板の文字も読める程度まで拡大することが可能です。

イメージ

上の写真が、3Dマップの地図・写真で限界まで拡大した図になります。これであれば旅行や出張でも、事前に目印となる建物を把握しておくことが可能ですね。 今までAndroidを使っていて、iPhoneのマップが使いにくいという人は、iPhone用のGoogleマップをインストールすると良いでしょう。 基本操作は同じで、iPhoneのマップと同じく3D表示にもすることができます。やり方は今回と同じなので、是非試してみてください。 今回はiPhoneによるマップ操作でしたが、外でネット環境さえあればiPadやiPodtouchなどでも使えます。興味のある方は実験してみてはいかがでしょう。

では今回はこの辺で…。 また次回、お会いしましょう。