もう迷わない!マップの使い方 by iPhone博士

2015年01月12日

こんにちは。 皆さん、iPhoneは活用されていますか? iPhoneには多くの機能が搭載されていますが、実際に使いきれている人はあまりいません。AndroidやiPhoneはアプリで自分好みにカスタマイズできるのも魅力ですが、元々備わっている機能も非常に便利なものばかりです。

そのうちの1つにマップアプリがあります。GPSを用いて、自分の居場所や目的地までのナビゲーションとして利用することが可能です。今回はマップの使い方や、普段利用しない設定方法などについてお話していこうと思います。

1マップを選択

イメージ

2目的地を入力

イメージ

検索ボックスに目的地を入力後「検索」を押してください。

3マップ画面の各機能

イメージ

マップ画面のそれぞれの機能性は図の通りです。その他機能として、気になる部分の拡大や縮小はタップとダブルタップで設定することができます。 基本的な操作はこの2つのみです。

4現在地の確認

イメージ

現在地の確認は左下の記号を選択してください。 そうすると下記の様に現在地が表示されます。なお、この機能を使うにはGPSをオンにしておかなくてはなりません。

イメージ

5目的地までの経路を選択

イメージ

目的地を設定したら、目的地までの経路や移動手段を設定しましょう。目的地の隣にある矢印を選択してください。以下の画面が表示されます。

イメージ

キャンセルの隣にあるカテゴリ車・徒歩・公共交通機関で移動手段を選択してください。 それぞれの移動手段で最短の経路が自動的に表示されます。また、最短以外のルートもいくつか表示されるので、都合が良い経路を選びましょう。

6希望する経路を選択して出発を押す

イメージ

7音声案内開始

イメージ

ここまで設定すると、目的地までのナビゲーションと音声案内が開始されます。 基本は地図と音声案内に従っていれば問題ありません。 ホームボタンを押してホーム画面に戻っても、終了ボタンを押さない限りはマップは継続されます。地図を開きながら他の作業もできる反面、切ったと思っていて起動している場合もあるのでしっかりと確認しておいてください。

加えて、案内中でも電波状況によっては反映が遅くなるので注意しましょう。 また画面下の真ん中を押すと、目的地までの経路がリスト化されて表示できます。

イメージ

8音声案内のボリューム調整

イメージ

画面右下の音量マークを選択してください。

イメージ

次にこちらの画面が表示されるので、希望の項目にチェックを入れましょう。もし地図のみで音声はいらない、という場合は音声なしを選択すれば問題ありません。 これでマップの使い方・各設定については以上です。 今回はiPhoneに初期アプリとしてインストールされているマップでしたが、別でマップアプリをインストールすれば、その他の使い方も可能になります。そちらはいずれご紹介していこうと思います。


それではまた、次回お会いしましょう。